スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

波乱の幕開け。

はいどうもー!

ご無沙汰しております~

約1ヶ月ぶりですか、お久しぶりでございます~






あたしはいまパキスタンから無事生還して

もうインドに戻ってきてんだけど、

ちゃんと書きますよ、パキスタン。


R0015410_20130419151642.jpg
R0015408.jpg
R0015418.jpg






いや~パキスタンね、

だい~ぶ印象的な国だったわ~いろんな意味で。うん。

最初はまじどうなることかと思ったけど

絶対あたしこの国楽しめない!!て思ったけど、



結果、





しったけ楽しかった~

















で、デリーを出発して、早朝、

パキスタンとの国境近くの町、アムリトサルに到着、

そっからバスで国境まで移動したものの、

インド側の国境は10時からしか開かないってことでしばし、というかだいぶ待機。

で、10時なって一番乗りで出国手続きしーの

そっから歩いて国境を越えーの

て、国境の陸路越えってしったけ久しぶりーーーーー

ちょっとテンションあがるーーーーー


R0015427.jpg

インド側国境
インド独立の父・ガンディー
R0015423.jpg

パキスタン側国境
パキスタン建国の父・ジンナー
R0015431.jpg







で、そのままパキスタン側で入国手続き完了。



いやなんかさ、ちょっと思ってて。

パキスタン側のイミグレのおっちゃん、なんかにやついてんな、と。

なんかちょっと気持ちのいい視線ではないな、と。



で、イミグレ出て、近くの町ラホールまで行くバスが

ちょっと先から出てるって言われて、

5kmつーから、5kmなら許容範囲だわ~と思って歩き出したんだけど、

全然ねーのね。

歩けど歩けど、道なんすけど~

ひたすら道は続いてんすけど~
R0015434.jpg
R0015436_20130419155047.jpg





かといってリキシャとかタクシーは乗りたくないし~

てかそもそもATM行かない限りわたしノーマネーだし~

て思ってたら1台の車止まってくれて、

別にヒッチはしてないんだけど、

「いまから次の町に行くけど乗ってくか~?」つって

車内見たら学生みたいな女の子も乗ってたから

じゃー大丈夫かーと思って乗り込みーの

世間話とかしながらしばし走ってミニバス乗り場着。

つかこれ、どこが5kmやって。

助かった~

てかパキスタン人、いい人じゃん!

そうそう、だっていろんな旅仲間が言ってたもん、

「パキスタン超いいよ~」

「パキは天国やで~」
て。







で、バス乗り場着いたものの

ノーパキスタンルピーのわたし、とりあえずATMを探す。



んでやっぱさ、思ってて。

みんなやったらじろじろ見てくんな、と。

そんな旅行者て珍しいんだかー?と。

いやいや、ちょ、見すぎだべって、

てか何人かついてきてるやな?、と。






でまあATMもなんとか見っけて金下ろして

ラホール駅前行きのバスのとこ戻ってさ、

バスの近くにいたおっちゃんにさ、

「このバスラホール行きよね?」て聞いたらさ、

あたしが聞いたおっさんじゃないおっさんが隣にきて

「イエースイエース!」つって

なんか腕とか触ってきてさ、

ちょ、ちけーから!つってよけたものの、

これ、減ったよね。

わずかながらわたしの中の何かが減ったよね。

でおっさんバックパックバスの中に入れてくれたから、

まーいーけどなんか気持ち悪いわ~て思いつつも

とりあえずバスん中座って出発待ってたのね。

で助手席の窓際に座ってたんだけどさ、

そのおっさんずっと外のその窓際いるしさ、

でケータイ取り出して写真撮ろうとするしさ、

気持ち悪いから手はたいったったんだけどさ、

懲りずに窓際でこっち見ながら舌出してきたりしてさ、

あーやばいやばい、これはやばいで~て思いながら

わたしの中の何かはどんどん減り続け、

いやいや、けどしかとやシカト!て思って目をそらした瞬間、






















おっさん窓から手突っ込んできて












おっぱいぴゅーーーーん!















そして逃げるおっさん。
R0015437.jpg




























最    悪    !!











あたしの中の何か、完全に無くなった・・・






にゃーーーー!!

一瞬にして最高に腹立って、

けどバス降りたくないし、

車内からじゃおっさんには手が届かないゆえ、笑

けどこの苛立ちを発散したいゆえ、

もう割れんじゃねーかつーぐらい

おもっくそ窓ガラス殴ったったわ。


意味ね~~~笑

ちっぽけな反抗~~~~








車内騒然としてたけど、

もはやそんなんはどーでもよい。













ああああああぁぁあぁーーー

やっぱそうだったんだぁぁぁああーーー

にゃぁぁぁぁああああーーーー

イミグレのおっちゃんがあたしを見てにやついてたのも

町にいる男どもが全員見てくんのも

にやにやすんのも

そしてありえないくらいガン見すんのも

そしてそれが全く心地良くなくてむしろ脅威に感じんのは


そうよ、そうなのよ、



この国の国教がイスラム教だからやー

そうなのやー

この国の97%は厳格なイスラム教徒なのやー


女性はみんな顔以外、なんなら目以外布で覆ってて、

基本女性は家にいてあんま外に出てないから

町中は性欲むんむんの男社会、

あたしみたいなんは恰好のカモなのやー






ガイドブックで読んではいたの、

露出の多い服装は控えるように、と。

だからいつもは半袖で過ごすわたし、

7分のロンT着てたの。



て、浅はか~~~

袖ちょっと伸びただけやがな~~~








その後すぐさま持ってた布ぐるんぐるんに巻き

バスも出発したものの、




もんもんもんもんもんもんもんもん
もんもんもんもんもんもんもんもん
もんもんもんもんもんもんもんもん


絶えず

もんもんもんもんもんもんもんもん
もんもんもんもんもんもんもんもん
もんもんもんもんもんもんもんもん





で、バス、ラホール駅前到着。

なおももんもんしてるわたし。

したらバス代20ルピー(20円)なのに

100ルピーとか言ってきやがって、

さらにもんもんするわたし。

いや、20だろ、つってあたし500ルピーの札しか持ってなくって

それ見して、先釣りよこせつったら

400出してきて、

いや、だから20だろって、もう80よこせ、

じゃあわかった、50な!とか言いやがって、

もう全然あたし笑ってないし、声のトーンも下がるな、そら。笑

そっから無駄な押し問答が続き、

最終的には逆カツアゲみたいなって、



「はやく金出せや!」 10ルピー

「もっとよこせや」  10ルピー

「早く出せや」   ・・・10ルピー



で、相手の兄ちゃん、走ってどっかいった。笑





もうさ、20ルピーだろうが50だろうが100だろうが、

別にいいのや、たいした額じゃないし。

けどな、こっちはもんもんしてんのや!

さらにもんもんさせんじゃねーってんだよ!このぼけなすーっ!












とまあ、波乱の幕開けっすわ。

とりあえずもう疲れたんで続きはまたあとで。笑

もんもん!






ラホール駅前
R0015442.jpg

ふと気づけばこんなんばっかり。笑
リキシャの客、全員こっち見てっからな。
この見方、すごくない?
R0015440.jpg










そして最後は性欲の抑えきれないおっさんでさようなら。
R0015438.jpg
スポンサーサイト

theme : バックパッカー
genre : 旅行

男祭り。

はいどうも。

パキスタン続きだす~




R0015444.jpg



で、もんもんしたままラホールの中心に着き、

もう昼過ぎてたけど

絶対この町には泊まりたくね~ の一心で

次なる町、

パキスタンの首都イスラマバードのすぐ隣町、

ラーワルピンディーに向かうことを決意、

というか一刻も早くラホール出たい!

誰やパキスタン天国つったの!笑

ラホールなんてあたしにとっちゃー地獄や!

ガン見地獄や!

もんもーん!









で、ラホールからラーワルピンディまでの移動手段は

電車かバス、

どっちも5時間くらい、

とりあえず駅に電車の時間聞きに行くも

次の電車は16時半。今13時半。

ピンディーまで5時間てことは到着21時半・・

夜に着いてそっから宿探しで地獄の中さまようなんて・・

何より16時半までこの町で待つなんて・・

生き地獄や・・そんなん無理や・・

てゆーか、   やだ!!







よっしゃ、バスや!バスなら何本も出てるはず!

そんなら早くて19時とかには着くはずや!

とりあえずもうなんとしてもラホール出るで!





てことでバス停まで移動、

けど貧乏性のあたし、

そして5Kmまでなら徒歩圏内と思ってしまうあたし、

タクシーとかトゥクトゥクは極力使いたくなくて、

結局バス停まで地獄の中を30分ほど歩き、

なんとかバス停到着。

つーか町中まじ男だらけ。

男祭りや。わっしょーい。

R0015466.jpg
R0015451.jpg
R0015462.jpg





で、すぐさまピンディー行きバスを見つけ、

しったけ値切ってチケットゲット。

て、なんでバス代でこっちが値切らないとなんねーのやって。

いちいちふっかけてくんなー

で、このイスラム社会では、

本来知らない男と女が隣同士になることはないんだけど、

まーなんともいきり立ってるわたし、

「絶対隣に男座らせないでね!!」つってバスに乗り込む。





ふう、これで電車乗るより早く着けるわ~

そしてこれでやっとラホールから抜け出せるわ~









つって、満員になるまで出発しないバスの中で

小一時間待ちましたけどー

あほあほー

早く出発せー






で、やっと出発したと思いきや、

いろんなとこで止まりすぎだつーのー

あほあほー

早く行けー




















で、結局ピンディーのバス停着、21時過ぎ・・・。









結局電車と変わんねーし~

やばいやばい~

して、ここどこや~

全然知らんとこ着いてもーた~

あーやばいやばい~






で、いろんな人に聞きまくったら、

どうやら宿とかある町の中心は

こっからさらにちょっと行かなきゃなんないらしい。

うえ~~~

てかこんなんなら電車のほうよかった~

宿あるとこ駅の近くだったはず~

もっちゃんこんなんばっか~

よかれと思って遠回り~

そしてふっかけてくるタクシ~

そしてなおも男祭りわっしょ~い









あーーーもっちゃんオワターーー








と、そこにひとりのおばちゃん登場。

「あたしもいまからそっちのほう行くから一緒に行きましょう」

まわりほとんど英語がしゃべれない中、

そして男祭りの中、

まさかの英語がしゃべれるおばちゃん!











あーーーーーーーーーー!!










で、おばちゃんと一緒に乗り合いのバンみたいなんで

町中に移動、

で、おばちゃんまさかの交通費出してくれて、

さらに思い当たる宿に電話までしてくれて、

さらに「ご飯食べたの?え?食べてないのー?これ持ってきなさい!」

つって、大量のバナナとりんごくれて、

えーーーーおばちゃーん、ありがとうーーー(ToT)つったら、


「いいのよ、あなたはこの国のゲストなんだから。ようこそパキスタンへ!
 宿はこの通りを行ったらあるけど、わたしも用事があるから、
 あなた一人で行ける?」
つーから、


「うん、たぶんすぐだから大丈夫!まじありがとう!!」つって




おばちゃんとばいばい、

で、この時点で22時過ぎ、

いやでも道電気あってまだ明るいし、

そうそう、宿あるとこはすぐなはず・・・








て、歩き出していろんな宿に聞きまくるも、



どこも満室・・

一個空いてるとこあったけど、まさかの1000円越え。

うわ、きっつ~

でもこの期に及んでも妥協したくない貧乏人。笑(いや、笑えない。)

どーしよ~て思って探し続けてたら

どんどん電気消えてくし

人も少なくなってくし・・











あーーーやっぱりもっちゃん

ついにオワターーー








と、そこに向こうから歩いてくるひとりの洋服を着た、茶髪の、

明らかにパキスタン人ではない、けどアジア人の、男の人登場。

パキスタンって宗教上?男の人はみんなシャルワルカミースてゆう服着てるから、

洋服着てる人とかいないのね。

なんか手ぶらだしこんな夜に、しかもこんな暗い道

一人で歩いてるから旅行者かなんなのか、

何人なのかもわかんないけど、

かすかな期待を胸に、聞いてみた。


「・・・え、日本人ですか?」

と同時に向こうは

「アーユーコリアン?(韓国人?)」











で、再び向こう。


「そうですよ~僕日本人ですよ~」



















えーーーーーーーー!!笑

これまで一人も旅行者なんて見なかったのにー!

まして日本人なんてーー!

まさかのこのタイミングでの日本人旅行者ーーーーー!!!

でもなんで最初韓国人?て聞いたーーーーー!笑















あーーーーーーーーーー!!

神二人目ーーーー!!

一日で神二人現れたーーーーー!!





















で、そっから神についてきてもらって

とりあえず宿探し再開。

で、なんとか800円の宿見っけてそこに決めて荷物置いて

神と一緒に夜ご飯食いにいったんだけど、

もう見渡す限り男男男。








あ、その二人目の神、

愛知出身、30歳、まさとくん。


そしてご飯食いながらまさとくんにグチりまくるわたし。笑




まさとくん言ってた。

女の人にはきついかもね~

だって俺だって今泊まってる宿の従業員(男)、

きのういきなり部屋に入ってきて、

抱きついてきたもん。

ノーセンキューつったけどさ~て。笑





もうパキスタンどんだけやって!

性欲抑えきれずにもはや同性にいっちゃってるがな!

そんなん広島であたし飼ってたカブトムシと一緒じゃんかよ!

あそこはイスラム社会だったのかって。

パキスタンを予知してたのかーって。


(以下参照。)

「株と虫。3」







で、まさとくんは歴史的な建物とか遺跡とかが好きらしく、

その点ではパキスタンはいろいろ見所が多いらしく、

楽しいよ~て言ってた。

建物とか遺跡に全く興味のないあたし、

いまのところ楽しさ見出せね~

全然楽しくね~~笑






まーあたしのパキスタンに来た目的はただひとつ、

パキスタンのノーザンエリアと呼ばれる、

そして風の谷のナウシカ?の舞台と言われる、

いままさに杏の花が咲き誇るシーズンを迎える、

桃源郷、フンザなのやー!

ラホールもラーワルピンディもどーでもいいのやー!

早くフンザに行きたいのやーーー!




R0015455.jpg





















あ、今日も疲れたんでこのへんでおいとまします。笑

もんもーーーん!

theme : バックパッカー
genre : 旅行

ずたぼろ。

はい、じゃんじゃん参ります。




なんとか見つけたラーワルピンディーの安?宿に1泊、

もう今日は一気にフンザ移動するでーーー

とりあえずフンザちょい手前のギルギットてとこまで

20時間バス移動やーーー

しゃーーーー!!




て思い、気合いれまくりーので、

朝部屋の前でたばこ吸ってたら、

なんか視線感じんな、と思ってふと見上げてみれば

そこには相変わらずおっさんや。笑

隣の建物の屋上からおっさんこっちガン見してたよね。



しゅるしゅるしゅる~~~~て、

さっきの気合も一気にしぼんでくよね。笑

もう、何この、寝ても覚めても

ただただそこに変わらずにある精神的苦痛は!!笑


にゃーーーー









で、すぐさま荷物パッキング、

きのうの神まさとくんもおんなじ日に

ギルギット行きのバス乗るって言ってたけど、

神はもう一箇所行きたい場所があるから

それ見てから行く~てことで

じゃああっちでまた会おうねーつって

この辺にまったく興味のないわたし、

昼頃にはそそくさとバス停に向かう。



まーつってバス停向かうのもまたこれ一苦労で、

バス停行きのバン乗ったのに

またしても全然知らんとこで下ろされて、

けどいろんな人に助けられて、

なんならまたしてもヒッチしてないのに

じーちゃんと孫みたいなんが車に乗せてくれて

バス停まで送ってくれて、

なんならその孫みたいな20歳手前ぐらいな男の子、

全然英語しゃべれないんだけど、

見るからに本当に純粋そうな子で、

で、じーちゃんはなぜか英語がしゃべれて、

あたしとじーちゃんの会話をじーちゃんが訳してあげて、

「うんうん!にこっ」みたいなかんじで、

目見ながらがんばってコミュニケーション取ろうとしてて、

したらじーちゃんが、

「この子がこう言っている。君の瞳がとても綺麗だ、と。」

その子の言ってること訳してくれて、

あたし本来自分の外見には超否定的だから

何言われようがなんともピンとこないし

「いっていって、無理すんなって~思ってないことは言わなくっていいから~」

てしか思わないうえに、

海外でこうゆうこと言われんのは

はいはい、出ました~ぐらいにしか思わないんだけど、


なんかこの子に言われたことは、

なんか知らんけど、純粋に嬉しかった~。


パキスタンに来て初めての「嬉」の感情ね、これ。笑








で、まーそれはいいとして、

そんでじーちゃんに送ってもらって

バスチケット買いに行ったんだけど

バス停着いたの昼1時過ぎ、

で、バス出発夕方6時・・・






にゃ~~~~~~

またこのパターンかよ~~

早く行かしてくれ~~~~

ここで4時間も待つなんて地獄過ぎる~




で、ご飯食ったとこの安食堂のおっちゃんらは

バス出発までここで休んでろ~て言ってくれて

ミルクティー出してくれたりよくしてくれて、

はたまた外で座ってたばこ吸ってたら

物乞いのちびっ子達に「マニ~マニ~(お金)」つって囲まれて、

「ノーノー」つってんのにガンガン攻められて、

まわりの大人たちがやめろ!て喝入れたら

一人の男の子、あたしのたばこ持ってた手パーン!てはたいて走ってったり、

で、やっぱ周り見渡す限り、全員と目合うし、

一応、と思って挨拶したりにっこりしたところで

まったくの無反応だし、

じゃあカメラ向けたらどうや!

したらさすがに目逸らすかなんかしらの反応あるべ!て思って

カメラ向けてみたらこれや。笑


R0015478.jpg










もうさ、どうゆうことなの?笑






全然変わんないんすけど?


あのさ、あたしすんごい不思議なんだけどさ、

普通さ?

つってももはや何が普通かもわかんねーけど、

あたしの感覚で言ったらよ?

誰かと目が合ったら、何かしら反応あるでしょ?

目逸らすでもなんでもいーんだけどさ。

ましてこっちがなんかしら声かけたり

微笑みかけたりしてんのに

これ、いっさい無反応の無表情で

ひたすらガン見し続けるって、



一体どーゆーことなん?

それ、どーゆーことなん?笑




もうさ、実際なーんもされてないけど

(まあ触られたけどー)

このガン見地獄、

神経も擦り減って

心ズタズタにされるで!笑










あ~~こないだまではスリランカであんなにみんなスマイリーで

目が合うたびにみんなにっこり、

超パワーもらえたのに~

スリランカシック~~笑

超後ろ髪ひかれまくってスリランカ出て

いっそいでここまで来たのにぃ~~笑

あ~~スリランカ帰りてぇ~~~~~笑













と、ここまでずっともんもんDAYSは続いてたよね。笑


そしてパキスタンは続く。ちゃん!











パキスタンのデコレーション。
R0015471.jpg
R0015472.jpg

これもはや手かけすぎて
終わりがないよね。
R0015477.jpg





ギルギット行きバス。
R0015482.jpg

上に荷物ガンガン積みまくるんだけど、
バイク1台積まれてて、
これなんとして積んだのやーて思ったら、
ありえないんだけど、ひとりのおっさん、
肩にバイク積んではしご登って上に積んでた。
カメラのバッテリー切れて写真は撮れなかったんだけど。
おったまげー。















そして最後はこちら。




R0015452.jpg





しゅるしゅるしゅる~~~

theme : バックパッカー
genre : 旅行

桃 源 郷 。

そしてフンザまでの長い移動が始まり、

R0015519.jpg
R0015528.jpg
R0015524.jpg
このあたり、というかアジア?では
男同士が手をつないで歩くのは普通です。にゃ。





当初20時間と言われていた

ラーワルピンディ~ギルギット間のバス、

25時間かかってギルギット到着、

3年前行ったインドラダックのシュリーナガル~レー間と同じく

移動中ポリスのチェックポストてのが何個もあって、

やっと眠りについた~てとこで頭ぼんぼん叩かれて起こされーの

外国人だけ外出てパスポートナンバーとビザナンバー書かされんのね。

時間なんて関係ないから夜中起こされたら

もう歩くのもふらふらだし、

1回寝ぼけすぎてパキスタンなのに

インドのビザナンバー書いてたわー。



R0015508.jpg
R0015495.jpg
R0015496.jpg
R0015498.jpg
R0015500.jpg
R0015510.jpg
R0015513.jpg
R0015523.jpg

うん、女はいませんね。

もしいたとしても、ずっとバスの中にいて

外は出てきませんね。うん。

あ、ちなみにご飯休憩のときはさすがに

女性達も出てくるけど、

男女、食う部屋分かれてっからね。うん。













で、ギルギット着いたら

あたしより3時間遅くピンディーを出発したというまさとくんが

なぜかすでに先に到着してて、

そっから一緒に町まで移動して1泊、

で、次の日、さらにギルギットから

あたしの目的地であるカリマバード、フンザに移動。

まさとくんはさらに見たいもんがあるっつーことで

やっぱりその辺全く興味のないあたしは

またしてもそそくさとギルギット出発、

R0015552.jpg
R0015553.jpg
R0015536.jpg
R0015534.jpg
R0015549.jpg
R0015571.jpg
R0015566.jpg

















で、きました。













ついにきました。

















ずっと楽しみにしてた、

この時期、桃源郷といわれるフンザ、

風の谷のナウシカの舞台になったともいわれるフンザ、

けどあたし宮崎駿あんま興味ないから

何回かみたことはあるけど全然印象に残ってない、

だからそう言われても全然ピンとこない、

え~そんな人っているんだ~てよく言われる、

そんな風の谷のナウシカの舞台、フンザ、

これがあったからこそずたぼろの心でもやってこれた、

そんなフンザ。

















キターーーーーーーー













R0015569.jpg




あ、リアルに間違えてた。

これ、まだ途中の道。笑

違う写真はっつけてたわ。

直すのめんどいし、ちょっとおもろかったから

このままでいーや。笑

なんもキテねーし。緑林だし。なんなら枯れてるし。笑















気を取り直して。








キターーーーーーー!!










R0015649.jpg








こっからはもう写真のオンパレードでいきます。

ほわぁ~~~~っと、ほぇ~~~~~っとしてくださいな。

茶でも飲みながら。

せんべいでも食いながら。

ケツでもかきながら。



R0015620.jpg
R0015588.jpg
R0015589.jpg
R0015608.jpg
R0015619.jpg





杏、桜、アーモンド、りんご、

どれがどの木かはよくわかんねーけど、

ついにキターーーーーーー

咲いてるーーーー

至るところに、咲いてるがなーーーーー








R0015654.jpg
R0015639.jpg
R0015636.jpg
R0015656.jpg





あ~きちんと時期にあわせて見所に来るつーのも

なかなかいいもんですな~

載っけてる写真は3月25日時点のフンザですよ~

あ~もんもんしながらもめげずに来てよかった~

やっぱスリランカ一旦切り上げてきてダッシュできて、よかった~

ちょっと心晴れる~

いまだもんもんは消えないけど~

て、どんだけ引きずんのやって。笑


もんもーん(小)。

theme : バックパッカー
genre : 旅行

いい名前だね。

はい、やっときました、

パキスタン続きです~





Pakistan (58)
Pakistan (59)

いやーフンザね、よかったのよ、

もう景色が壮大だしさ、

何よりここはイスラム教だけどゆるいからさ、

町中に女性いるいる。

なんか安心するよね~

わたしたち、知らずのうちに日々女性から癒されてるのよね~

と、つくづく感じたね~、ほんと。









しかもさ、これ、きっと最初で最後になるだろうけどさ、

あたし泊まった宿さ、

ドミではなくツインの部屋でさ、

部屋のドア開けたらこのテラス?&この絶景でさ、
Pakistan (28)
R0015612.jpg
R0015613.jpg


なんとまさかの100円。笑

あたしフンザのほとんどの宿チェックしたけど、

今までの旅行史上でもそうだけど、

これ、最安値。

しかもさらにあたしがこの宿の今シーズンのファーストカスタマーだったらしく、

初日、タダでいい、と。笑

どんだけやって。笑

すげくねー?

宿100円て、相当お財布に優しいんすけどーーー!

ひゃっほ~う。

Pakistan (64)










と、そんなのもつかの間、

あたしフンザ着いてから気づいたんだけど、

あたし、お金ラホールのATMで1万下ろして以来下ろしてなかったのね。

ま特に何も考えてなかったよね。

ほんでフンザ着いた時点で残り5000円くらいで、

あーそろそろ下ろしとかなきゃな~




・・・あれ?




てかこの町ATMあるんだか?

見当たらないてゆーか、この町の秘境的なのどかさからして

ないと思うんすけど?



そしてあたしフンザ着いたときにフンザにいた旅行者、

全員で3人。

韓国人の女の子1人と、日本人の女の人2人。

で、聞いてみた。

で、教えてもらった。







ないよ? と。








あら。

いやいや、あら。てか、どうすんのよこれ。

金ないがな。

あたし、キャッシュ、円もドルも持ち歩いてないがな。

せっかくもんもんDAYSから開放されてストレス減で、

さらに宿も激安なのに、

お財布に優しいはずなのに、

今度は金、ないがな。

お財布の中身、ないがな。

あたしゃどないなっとんねん、と。




で、とりあえず次の日8キロ離れた隣町、アーリアバードまで歩いてって

3件あった銀行、そして1台あったATMにトライするも、全滅。

あら。あたし、やっぱり金、ないがな。

どうすんのや、と。

次に大きい町といったらギルギットなんすけど?

てことは、また来た道戻ることになるんすけど?

けど、確実に下ろせるかわからないんすけど?

わたし、

もしかして、



終わった?









と、その日フンザにさらに日本人2人到着。

フンザ旅行者は日本人が多いみたいね。

何日か前にギルギットで会ってた、とても愉快なおねーさんなおこさんと、

これまたこの時期に合わせてやってきたというカナダ在住のうじさん。

この出会い、まじでかかった。

なおこさん、完全にあたしの好きなおもろいタイプの人で、

今となってはもっとしゃべりたかったーて思うんだけど、

で、もう一人のうじさん。

もう完全メシアだったね。

いろんな意味での救世主。

メシアのおかげでこれからの旅行人生、大きく変わるからね。笑

まーまーそれはのちのちわかるとして、

で、その日先にいたけーこさんがもうフンザ出るってことで

みんなで一緒にご飯食べて、

で、けーこさん最後の日なのに

みんなしてあたしの危機問題に一緒に直面してくれて、

で、最終的に、なんぼか持ってたあたしのインドルピーと

これからインドに戻るっていうけーこさんの持ってた米ドルを両替しーの、

米ドルはフンザでもどこでも両替できるからってことで

ほんとみなさまに助けられてなんとか危機回避、

あたしってしったけ迷惑ぅーーー笑

で、そこからみんなのお金の管理の仕方の、

え、みんなどうしてんのー?の情報交換が始まり、

これ、かなり参考なったよね。

あっみんなそうしてんのねーふんふん、つって。

勉強なりますわ~つって。

て、いまさらーーーーー笑


P1340786.jpg










で、さらに次の日、

もう一人の日本人、なつみさんが隣町アーリアバード行くつーから

うじさんも一緒に3人で歩いてアーリアバードへ。

Pakistan (61)




で、うじさんが言った。


「俺、バイク借りたいねんな~」








うわっ!

それ超いいじゃん!

こんな景色の中走ったら、絶対しったけ気持ちいいじゃん!


おらも借りるーーー

走りたいーーー絶景ツーリングしたいーーー


けど、一体誰に借りたらいんだろかーーー

ま、バイク使ってなさそうなそして借りれそうな民家とかに

直接聞いてみればいっかー。





で、とりあえずいま持ってる米ドルをパキスタンルピーに替えるべく、

前の日寄った銀行で仲良くなった支店長のとこ行って、

3人して奥の支店長室に通される。

支店長、イジャース、36歳。
DSC_9420.jpg


この顔で、36歳。
DSC_9421.jpg


うじさんとタメの、まさかの36歳。笑
DSC_9423.jpg


ふけてる~~~

どっからくるんだろ、この貫禄。





DSC_9348.jpg

これ、しったけ仕事できそうに見えるでしょ?

すげー小難しい融資の話とかしてそうでしょ?

このとき話してた内容教えてあげようか?






「名前はなんていうんだっけ?え?モトコ?

 OH~NICE NAME~~~!
   (いい名前だ~)」






て、言ってるからね?








で、イジャースちょっと忙しそうでしばし待ってたっけ、

うじさんが言った。

「あ、俺、パキスタンルピー多めに持ってて多分余るから、
 俺両替できるわ。」








早く言え~~~笑










で、イジャースに用事があって来たのに、

イジャースの前で用事なくなった。笑

で、聞いてみた。

「うちらバイク借りたいんだけど、誰か貸してくれる人知らないー?」


そしたらイジャース言った。


「OK、NO PROBLEM.(任しとけー)」







ええーーまじーーー!笑

そっこー見つかったーーー笑

ラッキーーーー!

てゆーか、いい人ーーーー!

















そしてイジャース言った。

「君らはわたしの友達だから。」と。

DSC_9348.jpg











そしてさらに言った。


「せっかくだから今日一緒にディナーでもどうだ?
 なんでも好きなもの用意するよ、何がいい?」
と。

DSC_9348.jpg






て、



仕事せーーーーーー笑 つって。笑


ええやつなのはわかるけどーーー つって。











で、結局その日の夜、

我ら3人行く行くーつって、

イジャースが単身赴任でいま暮らしてる

近くのホテルのレストランでちょーうめーご飯ご馳走なりまひた。

久しぶりすぎた西洋テイストのパスタが

死ぬほどうまくてテンションあがったよね。

脱・カレーーー!

してフンザウォーターと呼ばれるこの地方の酒も出されたり

隣では酔っ払って踊り狂う地元民がいたり

途中で全然知らん人とかホテルのオーナーも合流してきたり

さらに飲め飲めとなったり

もう宴宴。

Pakistan (67)



て、イスラム教徒酒飲んでるんかーいつって。

ちなみにフンザウォーター、芋焼酎のようなテイストでしたよね。

ひっさしぶりすぎる酒ゆえ、

一口で ぽっ てなったよね。笑

ほろ酔いほろ酔い~酒代のかからない女~♪ひゅー





Pakistan (66)



同い年、36歳のつどい。
Pakistan (65)







いやーしかしさ、

フンザ、

まったく別の国に来たのかて思うくらいに

まじで人がいいんだわー!笑顔あるしー。

子供とかも超人懐っこいしー。
Pakistan (42)
Pakistan (44)
Pakistan (45)
Pakistan (47)


こんなに一気に変わるもんかね。笑

Pakistan (48)
Pakistan (51)


そして景色もいい!

このエリア、昔から日本人が結構貢献してて、

環境問題とか、教育面とか。

日本人の建てた学校もあるしさー。

だからすんげーみんな親日なの。

「どこから来たの?何人ー?」て聞かれて

「日本人ー。」て答えたときのあの反応のよさね。

「オー、ジャパニーズー、グーーット!」つって。

そしてヒッチハイクのしやすさね。笑

恐ろしくすぐ止まるで。

なんなら後半なんてアイコンタクトだけで止まってくれたしね。

すげくね?笑

ほんであとフンザの素晴らしいのが、

おもてなしの心ね。

町歩いててちょっと小道とか入って村とか歩いたら

100%で声かけられて家に招待されてもてなされるからね。

まーその様子はまたのちほど書きますぅ~













こんなかんじでわたし、

パキスタン・フンザにて完全復活いたしました。笑









だってこれ、見て?
Pakistan (63)

こんな写真、ラホールとかラーワルピンディじゃ
絶対撮れねってな。笑













パキスタン、ええわぁ~~~笑
Pakistan (56)

theme : バックパッカー
genre : 旅行

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

もっこ 

Author:もっこ 
えー25歳のうちにパァー--ンと何かしたいと思い立ち、ずっと夢に見てた世界一周に行ってきまーす!
けどお金なくなったら試合終了!
そっこー帰ってくるんで。
秋田から世界に羽ばたきます!

カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。