スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大物政治家。

ときは2015年、GW。

ゴールデンなウィーク。

日本国民の大型連休のうちのひとつ。








そりゃ~ここ八丈島も

さすがに賑わうよ~




ホテルもばったばただよ~


ただでさえバッタバタなのに、

さらにバッタバッタしたんですよ~








そう、とある大物政治家が

完全プライベートで旅行に来る
、と。




で、さすがに大物政治家というだけあって

VIP待遇という部屋での食事、と。











本来宿泊客はレストランなり大広間なりで

食事は済ませるんだけどさ、

まー顔の知れてる政治家だしさ、

一般のお客さんと一緒にってわけにもいかず。









まーまーそれはわかるしさ、

全然いんだけど、

ということはつまり

厨房からお部屋まで

食事を運ぶというわけで、



で、何が大変って、










厨房と部屋の距離感よ!!










厨房、地下1階。

VIP部屋、3階のいっっっちゃん奥。

この建物の一番下と一番上。

さらに位置的に言うなら建物の対角線もいいところ。









とにかくMAX遠いのよ。

しかも運搬用のリフト(荷物用エレベーター)はあるものの、

縦はつながってても、

横がつながってない!


つまりは地下1階から3階に上げることは簡単であるが、

そこからいっっっちゃん端っこの部屋までは

自分らで運ばないといけないていう。



















そして我らスタッフの歴史に残る

お食事時間が始まった。笑














てゆーか、そもそも

あたしと森に関しては

仕事の担当がフロントだから

この日は17時に上がろうと思ってたのよ。

で17時前には仕事も片付いて、

このあと2人でご飯食べに行こーってしゃべってたくらいでさー。

日によっては忙しい時とか

お手伝い頼まれたりもするんだけど

この日は別に誰からも言われてないし、

まじ一切何も聞いてなかったしさ。










で、ほんとタイムカード押そうとしてたとき、

ほんと直前、言われた。








「あのさ、ちょっと30分だけ手伝ってもらえない?」










うちらご飯食べ行く予定だったけど、

まー30分くらいならいっか~つって手伝うことに。

















この日は当然一般のお客さんの食事も

大広間に加えてレストランでもあるわけで、

あたしはその大広間&レストランのお手伝い、

そして森は政治家の食事運びに回された。笑









ここが運命の分かれ道だった。笑








大広間&レストランは他に2人スタッフがいて

忙しくはあるものの、

いつもどおりにゆる~くやってた。

2、3日前に新しく入ってきた

22歳沖縄出身の玉城くん、通称玉ちゃんと一緒に

和気あいあいとやってた。

え~玉ちゃん、広島でも働いてたの~?なんておしゃべりもしながら。










で、そんなうちらの横をばたばたと行き来する、

政治家の食事運びを手伝わされてる森。笑

すっごい勢いで走ってきて

何回もいろんなもん持ってはまた走ってく。笑

前述通り、

ホテルの地下1階から地上3階の上下、プラス、

建物内の、超対角線上に位置する、左右。笑

そしてオンリー階段。笑

その距離、すっごい走らされてる。笑





あれ、森、マラソン出場してきた?笑 てくらい

汗だくで息切らしてる。笑













もうね、要は上からの指示がめちゃくちゃらしい。笑

ていうか、全然準備がなってなかったらしい。

それを全く関係のない森がやらされてるらしい。笑








〇〇がないじゃないかー!!

あれはどうしたーー!これはどこだーーー!!

なんで用意してないんだーーー!!

早く取りに行ってーー!!











と、とばっちりもいいところ。笑

全然知らん森にすべてがくるらしい。

そして、上司に言われたこの一言。












「君はこの部屋と厨房をつなぐ、ランナーなんだから」























なんのこっちゃ!!!












森も、「ねえ、そう言われたんだけど、どうゆうこと?笑」て

息切らしながらあたしに聞いてくるんだけど、

知るかいな!笑

森、可哀想すぎたんだけど

あたしもうウケすぎた。笑

めちゃめちゃすぎてウケすぎた。

















で、あたしはそのとき厨房の真上に位置する、

1階のレストラン手伝ってて、

お客さんの食事もだいぶ落ち着いて

ある程度暇になったから、

森に、



「もうこっち落ち着いたから、
内線鳴らしてくれたら取るから、
必要なもん言って~
そしたら3階までリフトで上げるから~」





そしたら森は3階のリフトと政治家部屋の往復だけで済むわけよ。

リフトと政治家部屋も同じ階ながら

対角線上にあるから走らなきゃいけないんだけど

リフト使えば、まー階段の上り下りはなくなるしね。笑












とは言ったものの、

どうやら料理が順々に出されてってるらしく、

上でも相当走らされてたらしい。















で、内線が鳴った。

「はーい?」て出たら、








ゼェ~~~ゼエェェェ~~~~~







「え?森、なんて?!」







もうね、あの、風強い日に外にいる人と
電話でしゃべってる感じよね。笑









ゼェ~~~ハァハァ、

ゼェ~~~・・・
あげて・・。










「ちょ!何をや?!」










取り皿・・・あげて・・

・・・・・でも・・待って・・ゼェーーー!

どの取り皿のこと言ってるのかわかんないから・・・

何種類か・・・一緒にあげて・・












変態から電話かかってきたみたいな

あの息の荒さね。笑

いや、それ以上か。















で、1回さ、

こっちのレストランも落ち着いたって言っても

まだお客さんはいたわけで、

ちょっと接客してて戻ったら


汗だくの、顔テッカテカの、

息荒すぎてちょっと鼻穴広がってる、

相変わらずゼエゼエ言ってる森が立っててさ、




「なした?!終わったの?」つったら





ゼェ~~~だって・・

内線鳴らしても誰も出てくれないから!!て。笑








あ、ごめんごめん接客してたわ~笑 つって。













で、また走ってった森。笑







森、まじ大丈夫か?

しったけ笑ったけど。笑




















てゆーかね!

これに関してはさすがにあたし物申すよ!笑

段取り悪すぎなんだって!笑

もうさ、前からわかってる事だったんならさ、

ちゃんと打ち合わせせーよ!笑

だってあたしも森も、

この日は17時には上がる予定だったんだから!

ほんと、タイムカード押す一歩手前で、

「30分だけ」

言われただけだったんだからー!笑

どこが30分やねん!!

こっちは息切らして汗だくやぞ!!笑

なにがちょっとやねん!!

「君はこの部屋と厨房をつなぐ、ランナーなんだから」て

めっちゃ重役やん!!笑

そこ、主軸やん!!

いつランナーなってん!!

てかランナーて何やねん!!

どういうことやねん!!笑


しかもあたしはあたしでレストランで

完全なる上司のミスのとばっちりを受け、

とりあえずお客さんに謝り続けてたんだからね!笑

もう、一体どうなってんのや!笑

しっかりしてくれよ!笑


















で、まあそんなかんじのやりとりがずっと続き、

うちら大広間&レストランの片付けも終わり、

玉ちゃんに、あたしちょっと見てくるわー!つって

3階に行ってみた。

もう精気を失いまくってる森と、

段取りの悪さにぷんぷんしている料理長と、

調理場のスタッフ石川くんと、

なんかみんな集合してた。笑

で、ほどなく玉ちゃんも来て、

超おつかれ&超哀れな森をなぐさめ、

あたしと森と玉ちゃん3人して

現状のありえない森のコキの使われ方に

ひそひそとしったけ爆笑。








どうなってんのやー笑

森、しったけとばっちりだったなー

まじ森、どんまい!!笑

ひそひそ。。

















で、もう料理も終盤、

あとはデザート出して終わりっぽい。

もうゴールはすぐそこや!!笑










で、相変わらずうまくいってない連携により、

デザートのシャーベット、慌てて到着。笑

早く出さないと!!笑










で、急げ急げってときに、

出ました。笑

出ましたよ。





いや、あたし正直もういいじゃんそんくらい、て

思ったよ?笑














いつもぷんぷんしてる料理長、

言いました。








「イタリアンパセリが
乗ってないじゃないかーー!!!💢」
















(いいじゃん。別に。)


たぶんその場にいたみんな、思ったね。笑

みんな=あたし、森、玉ちゃん、石川くん











だけど、ぷんぷんぷしゅー!してる料理長は

続けてこう言いました。














「早く持ってきなさいよー!!!💢💢」














で、みんな顔見合わせる。




(え?誰行くの?あたしやだよ?)
(いやいや、あたしもやだって。笑)
(そこは調理場だし石川くんっしょ?)
(ね?石川くん?笑)
















……で暗黙の満場一致で、

俺かよ的な苦笑いをしながら、石川くん、

地下1階の調理場にダッシュ。笑

石川くん、頼んだぞ!笑












で、まーちょっとは協力すっか!て思って

あたしもちょっと遅れて石川くんについてった。

もちろんダッシュで、ね?笑

で、「石川くん!厨房ついたらリフトで上げて~!
あたし3階のリフトの前で待ってっから~!」
て言った。













で、あたしリフトの前で待ってたのに

一向に上がってこない。














したらまさかの階段のほうから、


ダンダンダンダンッ!








30過ぎの石川くん、息きらして

猛烈な速さで上がってきた。笑





「えー石川くん、リフトで上げてくれれば
 よかったのに~」

て言ったのもつかの間、







ゼェゼェ息切らしてる石川くん、

なぜかあたしにそのイタリアンパセリ渡してきた。笑






はい!














・・・え?笑

・・・・・あたし?!笑






いやいや、そのまま石川くん行けって!!笑

だからリフトで上げればつったじゃん!












しかもこれまたおもろいんがさあ

この状況で登場したイタリアンパセリ、

ちょうど束になってて

ラップでくるまれてあってさあ、









・・・これ、










バトンになったの?笑 
















そしてその緑のバトンを受け取り、

第2走者もとこ、

条件反射で

走ったーーーー!笑

3階フルで埋まってる客室前の廊下、

一応お客さんいるからって気遣って

なるだけ足音立てないように、

猛ダーーッシュ!笑




なにしてんねん。笑











この廊下まっすぐ行って、

突き当たり右曲がって1番奥が政治家部屋なんだけど、

溶けはじめのシャーベットは

その突き当たりの角のとこで待機してるわけよ。











で、あたししったけダッシュで

よーーーし!ようやくそのコーナー見えたー!

シャーベットも見えたぞー!て思ったっけ、

その横でしったけ満面の笑みで両手前に出してる、











まさかの第3走者、料理長。笑












さっきまでしったけ怒ってたのに…。

しったけ笑ってる…。笑

バトン、いや、イタリアンパセリの到着、

しったけ喜んでる…。

逆にその笑顔、怖い…。笑


てか第3走者までいたんかい!笑











よくやった的な満面の笑みで迎えられ、

イタリアンパセリ、いや、バトン、渡す。笑















で、シャーベットの上に添えられた

バトン。

いや、イタリアンパセリ。

いや、あれ完全バトンだったな。笑












そしてそれらを手に

第3走者、小走りでゴールへ向かう。

後ろ姿だからわかんないけど、料理長、

たぶんしったけ笑顔で小走りしてたと思うよ、うん。笑

ほんとついさっきまでいらいらぷんぷんが大爆発してたんだけどね?笑








大人の社会って、

やっぱわけわからんわぁ~~笑























こうして最後はホテル内を駆け巡る

ホテルスタッフによるイタリアンパセリリレーの末、

わたしたちの歴史に残る

ゴールデンすぎる1日は終わったのであった。。笑




大物政治家さんよ、

あなた様方は今回のこのご滞在、

良き思い出になったか知りませんがね、

その水面下では我ら、しったけバタバタしてたんですよ。笑



そしてね、死ぬほど走らされ

コキ使われまくった森ちゃんはね、

その夜かける言葉が見つからないぐらいやさぐれて

浴びるように酒を飲んでいたんですよ。笑

























あ~~~終わった終わった!






て、22時過ぎてるで!おい!!!笑

夜ご飯、食べてないがなーーー!
スポンサーサイト

theme : バックパッカー
genre : 旅行

八丈ダイビング。

八丈島はこれまた

ダイビングスポットでもあるというので

せっかくですのでこの機会に

MORIちゃんにもらった

八丈の海の中の写真、

のっけときまーす。






MORIちゃん、いざ出陣。
































































八丈島は春に黒潮が流れてくるので

本州ではお目にかかれないお魚にも

出会えるらしっすよー

そしてなんと言っても八丈ブルーと呼ばれる

超青い海!




機会があればぜひ八丈島に

おじゃりやれ~(来ってねー♪)

theme : バックパッカー
genre : 旅行

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

もっこ 

Author:もっこ 
えー25歳のうちにパァー--ンと何かしたいと思い立ち、ずっと夢に見てた世界一周に行ってきまーす!
けどお金なくなったら試合終了!
そっこー帰ってくるんで。
秋田から世界に羽ばたきます!

カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。