FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

常識。

日本にいてうちらが常日頃使う「常識」。

あまりにもうちらの根本にありすぎるゆえ

すべての事柄をその

「常識」という物差しではかってしまいがちだけど、

そんなもんは一歩日本を出てしまえば

全く通用しなくなるわけで、

そんなことを、旅行をしてたら如実に肌で感じるよね。




あたしにとってはその違いを感じたり見たりすることが

何より一番楽しいことなんだけどさ。

それを見るために旅行してるようなもんだしね。あたしは。

だから観光地とかあんま行かないんだけど。笑












なんでバスも電車も時間通りに来ねーなや!!とか

宿にゴキブリ走ってるってありえねっつの!!とか

こっちちゃんと並んでんのに横入りすんなや!!というものから

インド人男性は座りションします、とか

鼻かむのもティッシュなんて使うかよ、フンッて外に出すだけよ、とか、

男性同士、手つないで歩きますけど?とか、

挨拶として友達どうしの男女が口と口でちゅってするよ、とか

トイレに仕切りなんてありません、とか





もう何から何まで、

とにかくエブリデイがその連続で

「いやいや、考えたらわかるべ!」「それがフツーだべ!!」なんて

うちら日本人だけの価値観、

だから逆にその「日本でしか通用しない常識」に縛られ続けてたら

ストレスに感じちゃうよね。





それがその国での「常識」なわけで、

その土地での「フツー」なわけで

それに対して文句を言うなんてまるで見当違い、

もしそれが嫌だったとしたら、

そこを離れるか、

もしくは受け入れて従うかしかないよね。

イライラしててもしょうがないしどうにもならないしさ。

認め合うことがとても大事よね。

























世界にはいろんな文化、「常識」がある。

食に関してもそうであり、

「日本のフツー」をはるかに超えてたりする。

これも受け入れて認め合ってかないとね。












タイでは屋台で虫が売られてて

好きな虫を選んだらその場でからっと揚げてくれる。

わたしももちろん、食べましたよ?


「タイのフツー」

受け入れました。
















ベトナムやラオスなどでは

孵化する前の卵を食したこともあった。







(わたし当時26歳。笑)



「ベトナム、ラオスのフツー」

受け入れました。













日本で、広島で働いてた時、

飲食店だったんだけど料理人が中国人で

まかないに虫が出てきたこともあった。(なんで?笑)








ネギと一緒に炒めて、笑



はい、召し上がれ。


見た目!!笑

おもっきり虫って!!




虫は中身をちゅーちゅー吸って味わいます。笑

わたしももちろん、ちゅーってしたよ?

新品の運動靴の味したよ?



「中国のフツー」

受け入れました。
























やっぱ世界広し君ですよ。

いろいろありますよ。

バラエティに富んでますよ。

























そして出ました。

ここ、「メキシコのフツー」
























わかるかな?











カメムシー!!笑

秋田弁でアネコムシーーー!!




フツーに露店で売られてますけど!!

アボガドの隣で!!

袋にごっそりカメムシ入ってますけど。

しかも生きてますけど!!





(カメムシ、真ん中の下)


え、これ、どうするの?

おばちゃんに聞いてみた。

そしたら、おばちゃん、

こうするのよ、て袋開けて

カメムシ1匹手でつまんで、















食ったーーーー!!笑


生きたまま、おばちゃん、カメムシ、


食ったぁぁーーー!!泣














さすがのわたしも

これは、むーりーーー!!笑

カメムシなんて、食えるかー!!





こんなんフツーじゃねー!

ぜってー受け入れれねー!!!

theme : バックパッカー
genre : 旅行

ミイラ取りがミイラになる。

がっつり遊ぼうと思って

がっつり風邪ひきました、

どうもわたしです。笑

なんてこった!









原因明白、

エアコンガンガンのバスに見事にやられましたね。

悪寒やばいし鼻水でまくり、

常に熱っぽいし死ぬほど喉痛くって、

全く声が出ないことになり、

挙句咳し続けたら血痰が出るという始末で、

ネットで ’血痰’ て調べたら

肺がんの恐れありとか出てくるし、

気持ちは先走り、

あーあたしの死因は肺がんかー

しかし後悔のないとても楽しいいい人生だったなーと

もの思いにふけっているうちに、完治、笑

本日も元気いっぱい、

メキシコよりお届けしております。















しばしの間、首都メキシコシティより

北のほうの町を周っておりましたよー。

やっぱ町並みと色合いがアジアにはない感じよねー!







































この辺でしか食べれないであろう
牛タンタコス。



夜はオレンジ一色の町。















の、昼間。


の、夕方。笑


で、再び夜。






てかこれ宿の自分の部屋出たとこすぐのテラスからの眺めだよ!

やばくない?

700円もしない宿なのに、贅沢だわ~









そしてまた別の町では。




町を一望できる丘に登ったり、










路上にお絵描きしてたり、




そして夜になると町中音楽いっぱい響き渡る。







いいねぇ~~
















いやーしかしあたしってさー

観光地らしいところってあんま行かないんだけどさ、笑

こればっかりは絶対行こうと決めていた。

いつ見れるかわかんないし、

もしかしたらもう一生見ることないかもしんないからね!







その名も、

ミイラ博物館ー!










あ、ちなみに本日のタイトルは

ミイラつながりで用いただけで

特段意味はございません。笑









ほれ。




ほれほれ。









すげくねー?

初めてこんなまじまじと見たけど、

ミイラって毛までちゃんと残ってんのね!











てか、ミイラってなあに?という方に説明しよう。

ミイラとは死体が腐敗しないで、

原型に近い状態を保ちながら乾燥したものであーる。

人体の水分は通常約80%なんだけど、

これが50%以下になると細菌が繁殖しないで

腐敗が進行しないからミイラ化するんだってー。

ミイラには自然的なものと、

エジプトとかみたいな信仰に基づいた人工的なものがあるんだけど

ここメキシコ・グアナファトのミイラは自然的なもので、









(以下、誰かのブログ参照)

死んでから3年間は無料で墓地に埋葬されるが、5年が経過したら、

親族らが埋葬税を収めていない死体は掘り起こされて、

「出来のいいもの」は博物館のショーケースへ行き、

それ以外は火葬されるというものなんだそうだ。









だそうだ。笑



出来のいいものって。笑

確かに出来はいいけれども。


























ほんと、所変われば品変わると言ったもんで、

すごいよね~






ちびっこ、死体と記念撮影。笑



これもまた、すごいよね~笑








みなさんもメキシコに行った際はぜひどうぞー

theme : バックパッカー
genre : 旅行

ハンケツノクニ。

へいへーい!

というわけでやって参りましたよー!

いやいや、どこにー!つって。

そう、わたしは一体どこにやって参ったんでしょうかー?













ヒント写真どうぞー!

























あー

わかりやすかったかなー笑

このケツの出具合。








男の人ら、結構ケツ出てる国といえば!

そう、













アイム イン メヒコーーー

メキシコだーーー!














て、わかるかー!つって。

このケツの出具合でわかった人いたら

逆にすげーわ。笑

相当のメキシコ好きか

相当の…半ケツ好きだな。笑

















あーしかししかし。

メキシコを始め中南米諸国は公用語がスペイン語なんだけど

わたしまじスペイン語皆無、

最初に覚えたスペイン語は








ウンポコ カンサード です。
少し 疲れています









大丈夫かなーこの語学力。笑

ま、なるようになるわ!

うんぽこー!

























世界遺産の古代都市遺跡、

ティオティワカンー!












メキシコの代表的な料理。
モーレというチョコレートの入ったソースがかかっている。
しったけうまいと言われて食べたけど、
しったけまずかった。笑



人の好みは、やはり人それぞれや。笑









黒いタコス。



メキシコ式ポスト。



手動式オルゴール。





サボテン食べ物であります。



メキシコはどうやら発展途上国ではないらしい。笑



























というわけで、2016年、公言通り、

がっつり遊ぶぞーーー!










最後はやっぱりこれっすよね!

もはやわたしの代名詞!

着々とシリーズ化されております!笑

さあみなさんもご一緒にー










いええーーーい!


メキシコ・ティオティワカンにて。

theme : バックパッカー
genre : 旅行

大人の抱負。





どうもどうも。



いつも通りの、

遅ればせながらの、









あ、あけましておめでとうございますー!笑



















みなさま、新年いかがお過ごしで?

そして今年の抱負はもうお決まりで?

















秋田に帰ってきて早1ヶ月。

気づけばもう1月も終わるとこじゃないですか!

早いなおい!

そしてなんもしてないなおい!笑

厄払いはしてきたけれども!

そうそう、こんなわたしも今年厄年を迎えるんですね~。

わたしももうずいぶんと大人になったものですね~。

厄年とは陰陽道でいうところの、

人の一生のうち、

”災難にあわないように忌み慎むべきであるとする年齢”のことを

言うんですって~。













そう、そんな大人な厄年のわたしの今年の抱負。(の多いな。笑)

もうね、言ったら去年から決まってたんです。

もう決めてたんですよ、

2016年はこうするぞ、と。

いや、逆に、こうしないぞ、と。笑












発表します。

どぅるるるるるーーー

どん!
























遊びます!


















2016年、遊びまくってやるぞーと。笑

もう働かないぞーーー!と。笑

(…カスだな。笑)
















だってだってぇ~~~

2015年は前半八丈島からの

後半富士山で、

ほぼ1年ぶっ通しで働いたんだもーん。笑

よく働いたよー!

いやー1年ぶっ通しって、

働きすぎでしょーーーー!!

(…いや、普通か。笑)
















だから去年から決めてたの、

『来年こそは絶対働かねーぞーーー!』つって。















そろそろ

日本を背負って立っているサラリーマンに殺されるな!うん。笑




















そんなわけで

大人な厄年のわたし、

去年1年働いた分、

今年は災難にあわないように忌み慎みながら

おもっきり遊ぶのーーー!













よってじゃっかんこのブログも活動的になるかもー?笑

というわけで新年の挨拶と替えさせていただきます。

もうそろそろ読者もいなくなったと思うけれども、笑

今年もどうぞごひいきにー!笑

theme : バックパッカー
genre : 旅行

あるぷすー。

いえええーーーい!

ついについに、

行ってきちゃったよーーー!!













ここだーーー!













南アルプスは、北岳ー!

日本で富士山の次に高い山、

3,193mの、北岳だよーーー!


















今回富士山での仕事が決まった時に

よっしゃ、じゃあ富士山行ったついでに

この夏、北岳も登ろーーーって決めててさ!











で、それもあって、あたし、

富士山の仕事、10月初めとかには辞めようと思っててさ。

でそっから南アルプス登ろ~て予定してたわけよ。

ここでの仕事、1日も休みないからさ、

だから仕事辞めた後に南アルプスゆ~っくり登ろうと思ってね!














したら10月に入ったある日、

社長はカレンダーをめくり、

11月のところを見ながら

こう言いました。












「11月の初めころまでは忙しいんだよね~。

だから11月3日まではいてもらってもいい?

もっといたかったら全然いてほしいんだけど。笑」と。











え?笑

てかそもそも富士山は9月中旬までの予定で来たんだけどな。笑












「え。笑
あたし10月の初めころまでかなーと思ってたんですけど~笑」つったら、











したら社長の奥さんも加わってきて

いやいや、そんなことないよ~笑とか言い出して、












いや、仕事的には全然いいし、

しかもみんないい人ばっかで、

必要とあらば働き続けたくはあるんだけど、

何よりあたしは北岳に登りたい。笑

この夏は絶対登ると決めていた。笑

これ以上遅くなったら寒くなりすぎるんだもーん。笑














そしたら、

じゃー休み取って行ってきていいから、

11月まではいてちょーだーい、てことになり、

絶好の時期に

無事北岳に登る運びになったというわけでござりまする。笑

















そーゆーわけで2日間休みをもらいましてね!笑

いや、本当なら1週間ぐらい欲しかったけど。笑

なんなら南アルプス縦走、とか

甲斐駒ケ岳も登りたかったけど。笑










つって、2日間休みもらったのはいいけどさ、

山頂で1泊したかったし、

早朝には登り始めたかったし、

さらにいまいる富士吉田市から

北岳の登り口である、南アルプス市の芦安温泉まで

ざっと85kmとかはあるわけで、

移動手段はもちろん愛車の株太郎というわけで、

休みの前の日、

仕事終わって家帰ってシャワー浴びる間もなく

そっこー準備してそっこー出発したよね。笑

なんか仕事ある日より忙しいんすけど。笑

でそっから峠を越えて甲府を過ぎて

途中ラーメンを食いながら、

日付の変わる頃、ようやく登り口の駐車場到着。

そっこーテント張って、就寝。















で、南アルプスも富士山同様、

登山シーズンはマイカー規制っていって、

ホントの登山口よりも全然手前のとこまでしか

自分の車ではいけなくって、

みんな駐車場に車停めて、

そっから登山者はバスに乗って登山口まで行くわけよ。









早朝5時、起床、

テントたたんで準備して6時発のバスに乗り込む。










やっぱりいつもの仕事より忙しいわ。笑

あ、ちなみに株太郎の鍵は

ちゃんとバックパックにしまいましたよ?笑












でそっから、1時間弱バスに揺られ、

ようやく登山口着いたよー!

もうね、この日、ほんとよかった!!

しったけ晴れてるし、

紅葉超見頃でしったけ綺麗だったーーー!!






この前に登った富士山は夜登山だったし、

さらにその前に登った八ヶ岳はどんよりな天気だったし、






あーーー

やっぱ登山は天気に限るわ!!

そして景色がきれいなら

やっぱ登ってて楽しいわーーー!!




















以下、写真のほうがわかりやすいのでご覧あれ。






























昼過ぎに山頂手前の、北岳肩の小屋到着、
とりあえずテント張る。













やーーーん、絶景や~~~ん!










一息ついてから北岳山頂へ。

ここからさらに1時間弱登る。




















で、ついに!






キターーーーー!!

やったーーーーー!!




北岳登頂したったーーー!!











あ~~~

もう最高うれし~~~















で、ちょうど山頂に2人登山者がいて、

1人は反対側に下りたとこにある

北岳山荘で働いてる男の人(名前忘れた!笑)と、

もう1人は甲府に住んでるスイス人。(名前忘れたー!笑)









なんかもう景色が綺麗すぎて

富士山もきれいにはっきり見えてるし、

何よりあたし富士山からいっつも北岳見てたし、

そんな北岳から逆に富士山を見てるなんて、

なんかとても感慨深くって

そして嬉しくてテンション上がりすぎて、あたし、



やば~~~ とか

うわ~~~ とか

超気持ちい~~~ とか




完全に独り言言ってて、笑

その流れで気づいたときにはもう3人で会話してるっていうね。

しかもそっから3人して小一時間ほどしゃべってたからね。笑












そんなスイス人も巻き込んじゃうよ?笑

いえええーーーい!














で、日が暮れてテントに戻って

夜ごはん。






明日に備え早めの就寝。




















次の日の早朝、

目覚めたと同時にそっこー外に出た。























そこに広がってた景色…




































やばばばーーー!!

































ちょうど日の出前だんだん明るくなってきたときでさ、

あーまじうるうる。笑

泣きそうだったわーい。

とてつもなく感動したー!





あううぅーーーーー!!


















そしてテントにたたんで下山。


























あーーーとても大満足の登山だったわー!








で、無事下山して原付のところへと戻り、

早々に出発。笑

こっからさらに富士吉田市まで帰んなきゃないからね。笑








そして株太郎とともに帰路をひた走り、

富士吉田市に入って、夜ごはんに山梨名物ほうとう食べて帰宅。







22時過ぎてるし!笑

やっぱ、仕事の日より実に動いてるわ~~~笑
















何はともあれ、とても楽しい登山だった!

あ~~~ほんと楽しかったなー!



いええーーい!

theme : バックパッカー
genre : 旅行

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

もっこ 

Author:もっこ 
えー25歳のうちにパァー--ンと何かしたいと思い立ち、ずっと夢に見てた世界一周に行ってきまーす!
けどお金なくなったら試合終了!
そっこー帰ってくるんで。
秋田から世界に羽ばたきます!

カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。